美しき日本

古事記

Tag:まるみ屋

俺の初カノが漫研の先輩に寝取られてセックス中毒になっていた[まるみ屋]


まるみ屋
2016年12月31日
【ストーリー】

桜塚○校二年の進藤拓海(しんどうたくみ)は憂鬱な日々を送っていた
食欲が無い、遊ぶ意欲もない、寝不足で朝はフラフラ
誰もが思春期に経験するであろうこの症状
そう拓海は恋の病に陥っていた

お相手は同級生の篠崎綾菜(しのざきあやな)だ
彼女の事を思うと胸が締め付けられ切なくなる
クラス一の可愛さを誇る彼女は常に回りに人が居る
明るい性格や親しみやすさ、可愛さもあってカースト上位の男子に独占され
地味で冴えない拓海はもはや入る隙も無い
自分には手の届かない人である事は分かっている
負け組の高望みほど見苦しいものは無い
拓海は頑張って篠崎綾菜を忘れる事にした

ところがある日、奇跡的な出来事が起きてしまう
なんと彼女も拓海の事をずっと思っていたらしく偶然二人きりになった時にその思いを伝えられた
信じられない拓海だったがそれは夢ではなく紛れも無い現実だった
こうして人生が180度ひっくり返った拓海にとっての生まれて始めての交際がスタートした
下校時や休日デートなどカップルにとってはありふれた風景でも拓海にとっては全てが新鮮であり
かつてない幸せな日々が過ぎていく
付き合いだしてからも互いに好きという感情がどんどん溢れてくる
二人は恋人として順調に愛を育んでいった

しばらく経った頃、篠崎綾菜は所属する漫画研究部の部長から描き上げた漫画の感想を聞きたいと部室に呼び出された
実は田沼(たぬま)先輩から以前に告白されたことがあった綾菜は少し気マズい雰囲気だったが
意識しすぎだと自分に言い聞かせ勧められるまま描き上がった漫画を読んでいた
しかしすでに沼田の思惑のレールの上に乗せられ、そして抜け出せない泥沼へと足を踏み入れていく・・・
やがて彼女は・・・


★フルカラーコミック53Pボリュームは大目です
★文字有り無し同梱全106P








片思いだった清楚で大人しいムッチリJKがとんでもない糞ビッチだった[まるみ屋]


まるみ屋
2016年06月04日
【ストーリー】

ある日、僕(村田良平)は常識では考えられないような摩訶不思議な体験をしてしまう。
なんとある事をキカッケに赤の他人と身体が入れ替わってしまったのだ。
しかし運命の悪戯はまだ終わっていなかった。
その入れ替わった相手とは、ずっと前から恋に落ち、現在も片思い中である水野理子(みずのりこ)の実兄だった。
つまり僕はある日突然好きな人の兄になっしまったのだ。

事件の日、僕はなんとか若干の平常心を取り戻し、苦労の末入れ替わった相手を探し出す事ができた。
その日はもうすっかり日が落ち、真っ暗な公園の中、二人はこの奇妙で不思議な体験を語り合った。
結論からいうと、彼は今の入れ替わった人生を楽しみたいとの事だった。
そして僕は今の状況が耐え難いほど苦痛かといえば決してそうではなかった。
確かに止め処ない不安はあったが、あの大好きな水野理子と共同生活ができると思うと
嬉しさと下心のほうが勝ってしまったのだ。
なにより今の状況では解決策は全く無く、この運命を受け入れるほか無い。
二人は環境や仕草や癖など情報を共有し、当面は互いに生活に溶け込みつつ解決策を探るという結論に至った。

そして水野理子との共同生活が始まった。
理子さんは清楚で大人しく決して目立つタイプではないが、クラスの男子には隠れた人気がある。
そんな憧れの理子さんが学校では決して見られない可愛い仕草や表情など今では超至近距離から味わうことができる。
幸福な日常が過ぎていく・・・
しかしやがて僕は理子さんのあるとんでもない事実を知り驚愕し戸惑い、今まで抱いてきた理子さんに対する認識を
改めなければならなくなってしまう。
家族で唯一兄だけが知る、決して表沙汰にすることが出来ないその秘密とは・・・


★フルカラーコミック26P+α
★文字有り無し同梱





↑このページのトップヘ