美しき日本

古事記

Tag:寝取られ

俺の初カノが漫研の先輩に寝取られてセックス中毒になっていた[まるみ屋]


まるみ屋
2016年12月31日
【ストーリー】

桜塚○校二年の進藤拓海(しんどうたくみ)は憂鬱な日々を送っていた
食欲が無い、遊ぶ意欲もない、寝不足で朝はフラフラ
誰もが思春期に経験するであろうこの症状
そう拓海は恋の病に陥っていた

お相手は同級生の篠崎綾菜(しのざきあやな)だ
彼女の事を思うと胸が締め付けられ切なくなる
クラス一の可愛さを誇る彼女は常に回りに人が居る
明るい性格や親しみやすさ、可愛さもあってカースト上位の男子に独占され
地味で冴えない拓海はもはや入る隙も無い
自分には手の届かない人である事は分かっている
負け組の高望みほど見苦しいものは無い
拓海は頑張って篠崎綾菜を忘れる事にした

ところがある日、奇跡的な出来事が起きてしまう
なんと彼女も拓海の事をずっと思っていたらしく偶然二人きりになった時にその思いを伝えられた
信じられない拓海だったがそれは夢ではなく紛れも無い現実だった
こうして人生が180度ひっくり返った拓海にとっての生まれて始めての交際がスタートした
下校時や休日デートなどカップルにとってはありふれた風景でも拓海にとっては全てが新鮮であり
かつてない幸せな日々が過ぎていく
付き合いだしてからも互いに好きという感情がどんどん溢れてくる
二人は恋人として順調に愛を育んでいった

しばらく経った頃、篠崎綾菜は所属する漫画研究部の部長から描き上げた漫画の感想を聞きたいと部室に呼び出された
実は田沼(たぬま)先輩から以前に告白されたことがあった綾菜は少し気マズい雰囲気だったが
意識しすぎだと自分に言い聞かせ勧められるまま描き上がった漫画を読んでいた
しかしすでに沼田の思惑のレールの上に乗せられ、そして抜け出せない泥沼へと足を踏み入れていく・・・
やがて彼女は・・・


★フルカラーコミック53Pボリュームは大目です
★文字有り無し同梱全106P








肉体賠償~私のカラダで払います~《前編》[朝倉クロック盈]


朝倉クロック
2017年01月08日
「マン汁ローション、この乳圧……パイズリは満点だな!」
女体奉仕のみが誠意を示す。人妻の隠された欲望を暴きだすNTR劇!

謝罪を受け入れてもらうため、交通事故の被害者の男を訪ねる毎日。
だが、男は「誠意を見せろ」の一点張り。
人妻の《誠意》とは何か?女の体を使ってご奉仕するうちに……!?
挿入を許されない恥辱の果てに人妻が見せる表情(かお)は……!?

■誠実な人妻がひた隠すオンナの欲情を緻密に描く問題作、開幕。
スマッシュヒット作「義母はラブドール」の【朝倉クロック】最新作!

※この作品は雑誌「WebコミックトウテツVol.11」収録作品の単話配信です。



アイ-クル-シイ中編[うさ城まに]


うさ城まに
2016年12月30日
彼氏に送るつもりだったHな写メを父に誤送信してしまったJKは…
父の愛情はゆがんだ形で娘へ向かう。



ネトラセの妻前編[黒木秀彦盈]


黒木秀彦
2016年12月12日
夫が繰り返し部下を家に呼ぶのは、ネトラセのパートナー選びだった。
妻である主人公の好みを尊重しようとしていたのだ。
部下を家に泊め妻に夜這いに行かせて覗きで楽しもうというのだ。
夫に土下座までされて不承不承引き受けた主人公。
部下の彼は協力的だったが、それでもいきなりキスをすることはできなかった。



兄嫁は俺のモノ[神宮小川]


神宮小川海王社
2016年10月22日
結婚二年目の夫婦、幸せな生活を送っている夫婦には、いくつかの心配ごとがあった。
仕事が忙しい夫の健康。そして、義弟のおかしな態度……。
その原因が自分が昔AVに出ていたことを知られたから、と知った妻は、
夫に内緒にしてもらう代わりにその体を義弟へと差し出す……。

「義姉さん…このAVと同じこと、俺にもしてよ」

幸せな生活を守るため、妻は義弟と約束をする……。
取りだされた義弟のモノは、夫ともAV男優とも違う巨大なもので、
奉仕するうちに妻の肉体はどんどん悦楽を求め始める。
忙しい夫とご無沙汰だったことで、牝としての欲望に火がついてしまい、
脅迫されて始めた行為にのめり込んでしまう。

義弟の行為はエスカレートし、ついには本番を求められてしまった!
義理とはいえ姉弟だから、と抵抗するものの、発情した身体では拒み切れず
ついには義弟のチ○ポの挿入を許してしまう!!
今までに感じたこともない莫大な刺激を受け、絶頂を迎えてしまった妻は、
この秘密の関係をやめることができなくなり……。

爆乳NTRのファンタジスタ、神宮小川の義姉弟近親相姦作品が登場!
義弟の巨大なチ○ポによって牝にされた人妻はさらなる深みに堕ちていく!



↑このページのトップヘ