美しき日本

古事記

Tag:少女

もっと比べて[やみなべ]


やみなべ
2017年01月18日
お兄ちゃんが大好きなブラコンの真理亜。
最近おっぱいの大きい彼女が出来た兄を妹好きのロリコンにする計画を立て実行に移すことに。
後ろから抱きついたり、お兄ちゃんのベッドで下着を肌蹴て寝てみたり、極め付けにお風呂で洗いっこの提案!
さすがの兄も妹の柔らかいカラダにガマン出来ずに、ついには妹と兄は禁断のセックスへ突入し…!!



エロラジ![黒月堂]


黒月堂
2017年02月05日
●赤裸々エッチ体験談が聴けるラジオ番組♪
深夜のエッチなラジオ番組、エロラジ!
ビッチDJとビッチ女子の、赤裸々エッチ体験談がオンエア!
今夜もアナタの股間を熱く刺激しちゃいま??す♪

●3人の女性声優が共演!
エロボイスなDJの滝川クリトリス役に、かなせ。
友達のお兄ちゃんとSEXしちゃうビッチJKには、七海うと。
童貞食いまくり女子には、佐月ユーリ。
全く個性の違う声を持った3人が、エッチな女子を熱演。
アナタの股間は爆発寸前!?


●収録内容
・本編(MP3、WAV)
01オープニング・・・1分09秒
02ビッチJKさんのエッチ体験談・・・12分45秒
03滝クリのエッチ体験談・・・16分47秒
04童貞大好きさんのエッチ体験談・・・9分03秒
05エンディング・・・1分53秒

再生合計時間・・・41分39秒

MP3/44100Hz,16bit,mono,mp3
WAV/44100Hz,16bit,mono,wav

●オマケ
かなせのフリートーク
もちろん、録り下ろしです!

●その他
台本、パッケージイラストを同梱。


制作:同人音声サークル黒月堂http://kanase.heavy.jp/kurotukido/
台本・効果音制作・編集・CV(DJ役):かなせhttp://kanase.heavy.jp/
CV(ビッチJK役):七海うとhttp://utonanami.blog.fc2.com/
CV(童貞大好き役):佐月ユーリhttp://yuury8.web.fc2.com/
イラスト:らーぺんhttp://www.pixiv.net/member.php?id=12113253


FrozenWordI[blancetnoir]


blancetnoir
2017年01月10日
友達の赤裸々な恋バナを一人聞いていた恵美。
友達にはいないと取り繕うも、彼女にも意中の人物がいた。
その気持ちを隠そうとして、彼女は徐々に自分を追い詰めていく……。

20ページの作品です。




カンソク者[Enzian]


Enzian
2016年08月20日
雰囲気が出るように注意して舞台ー学校ーを作成しています。このゲームではー特にヒロインが敵に襲われるときではー怖さを感じるだけではなくまた違ったもう一つ上の次元の感覚を味わうことができます。物語構成は量子力学に関わるもので、すべて論理的ですべての事象には理由を備えています。

人は他人の観測によって、人として成り立つなのだ。
電子レンジにいるシュレーディンガーの猫は観測されず、生死が重ね合って、色んな可能性を持つことになる。
人は各々の常識で、常に思い合い、お互いの因果を安定させているが、死んだらどうなるでしょうか?

人が死ぬと体を失い、意識だけの存在になる。誰にも観測されず、意識も肉身と常識で囚われない。
そういうことで、死んだ主人公の奇妙な物語が始める。


詳細はEnzianのホームページにてご確認ください。
http://enzian.web.fc2.com/observer/top.html

※注意
ホラー要素、キャラ崩壊、ヤンデレ、アクション要素が苦手な方はプレイすることをお控えようお願いします。
ゲームは重いので、購入する前にPCスペックをご確認ください。





私(ぼく)が君にできること第二部[雪月楓花]


雪月楓花
2016年08月20日
【あらすじ】
不慮の事故で家族がばらばらになってから6年後。
主人公の楓は妹の椿と再会し、二人暮らしをすることになる。
新しい学校に出来の良い妹と頭を悩ませる楓であったが、友人の遥や奈菜、蓮達のおかげで平凡とは言い難いながらも楽しい日々を過ごしていく。
しかし楓には人には言えない大きな秘密があった。
この話は、事故によって男から女になってしまった楓の、日々の高校生活を綴ったお話。少しだけ山あり谷ありな、そんな物語。


一次創作TSF(性転換)ライトノベルです。
ウェブサイト「小説家になろう」に投稿している同タイトルを加筆及び修正し、挿絵を追加したものになります。
第二部(同人誌版の(3)と(4)です)を収録しています。


サイズ:A5
ファイル形式:PDF
ページ数:306

著:本知そら
イラスト:ねこのしろ





↑このページのトップヘ